大蔵流 狂言方 善竹忠亮、まいにちを「語る」
ヒップの勇
直前のエントリー(投稿)の続きです。是非、ひとつ前のエントリーからご覧下さい。→コチラ









(・・・続き)
と、自問していても、詰るところ、私がすべきことは「衆人愛敬」でしょうか。



天地をなぐさめ、五穀豊穣を祈り
観る人々に楽しんでいただく。それが芸能者としての私の勤めのように思います。
如何でしょうか?








昨日の「海士」は会主の東北の震災犠牲者の鎮魂の意も込めての選曲とのこと。

そんな一曲を、個人的にどこか後ろめたい気持ちで勤めて来たのですが・・・。
きっと準備不足ものせいだろう、と思って楽屋に帰って復習してみると、ノーミス(←当り前じゃ!!)



終演後、懇親会(お茶会)にお招きに預かりましたので、スーツに着替えておりますと、後ろから先輩、Y師の声が飛びました。


「ちょっ!!忠亮!! お尻破れてるゾ!!」

 えっ?
(゜Д゜≡゜Д゜)?





もちろん、お尻そのものではありません。

スーツのパンツの後ろ部分、ヒップポケットの下部分がしっかりハッキリ数センチ裂けておりました。
上着を着ますと、その裾より見えるか見えないかのビミョーな位置。これぞチラリズムと言うのでしょう。

道理で、行きしなの新幹線で上着を脱いだ節、妙に視線が集まると思いました。





後ろめたさの原因は、これだったのかと思い至りました。





そのスーツは、生まれて初めて自分で購入したものですので生地の寿命でしょう。仕方ないと思う反面、少々ショックでした。

しかし、ショックはこれからです。







で・・・・・?これで今から人前に出る・・・と?
お尻に穴あけたまま??





カベの花、もとい、壁のシミ大作戦です。






まさか、狂言「二人袴」の後半をリアルでやるとは思いませんでした。


ええ、そうです。

偉そうに、皆様の前に立って自己紹介している私のヒップポケット周辺は裂けていたのですよ。
自家製ガスの通風孔があいていたのですよ。
風通しバツグンだったのですよ。
肝も冷える思いでしたのですよ。

でも、勇気を振り絞りました。

これが本当のヒップ(匹夫)の勇
なんて。



続きを読む >>
出張先の善竹忠亮 comments(0)
忠三郎の会 福岡公演 




いま、九州新幹線さくらの中、九州からの戻りです。



ハムレット公演が延期になったので・・・

良暢君の「釣狐」の後見を仰せつかりました。



久しぶりに福岡の大濠公園能楽堂に行って参りました。


シテ方から囃子方まで一気に見渡せる「ぶちぬき」の楽屋。
幕に近い、普段はシテ方がおられる楽屋に、かつては長老がお座りでした。茂山千作、茂山千之丞、茂山忠三郎、そして善竹幸四郎。

そのお部屋に挨拶して舞台に出るのが常でした。
いつも通りご挨拶しようとして、ふと、「あ、今日は居られないんだ」と気づいてしまう自分。


その楽屋に今、自分が座っている。
なんだか違和感が優ってしまいます。


続きを読む >>
出張先の善竹忠亮 comments(0)
台風・・鹿児島へ。
JUGEMテーマ:地域/ローカル



鹿児島へ行って参りました。

台風がノロノロと日本をなめていったその日。



意外や、飛行機は飛ぶといいます。



相当の揺れを覚悟して、搭乗口で待っておりますと、乗るはずの飛行機がありません。

「使用機材遅れのため、遅れます」とのアナウンス。




そうでしょうとも。
この天気ですものね。


続きを読む >>
出張先の善竹忠亮 comments(0)
珍道中・・・の途中。
JUGEMテーマ:日記・一般
  先ほど御在所サービスエリアを過ぎました。

実は昨日の善竹狂言会から、まだ帰宅出来て居りません。
イエ、道草を食っていたわけではなく・・・。



今回の善竹狂言会

個人的には初めて見る「芒包丁」が楽しみでありました。
「二人袴」を済ませてすぐに幕際へ。
語りが眼目の、動きの少ない狂言ですが私は面白く拝見しました。


驚いたのが、「神鳴」の地謡を囃子入でやるという演出。
終演後の直会でも話題になっていました。


私は10時の夜行バスの為、二次会までお邪魔をさせていただいた後
囃子方の先輩に渋谷まで送って頂きました。
いや・・・渋谷周辺の訳の分んなさ!!(?)送っていただかなければ迷子になっていたことでしょう。
吉本無限大の会場の前を通った時は出待ちの人々でごったがえしていました。
今度行ってみよう。無限大。



東京・八重洲口にはギリギリの時間に着きました。
発車後、「台風の影響で遅れるかも」とアナウンスがありましたが、本当に遅れました。

掛川のサービスエリアを出た後、明け方に暑くて目が覚めました。どうやら、バスが止まっているのでエアコンが抑えられているようなのです。暫し灼熱地獄に苦しんだ後、次に目が覚めると、バスはまだ走っていました。


あれ?


夜間通行止めの為。五時間遅れだと。



五時間!!



昨日、こんなことにならなくて本当に良かったです。
ということで、まだ走っています。
昼過ぎには着くのではないかと思います。


出張先の善竹忠亮 comments(0)
フェイスブック
爆発的に流行る前(ちょっと自慢)から個人アカウントは持っていたのです。
・・・・姉さん、「ウチが誘ったんじゃないの!!」は勘弁して下さい・・・・



が、旧・ファンページから持て余していたフェイスブックページ、見切り発車で立ちあげました。


「善竹忠亮」としてのページ


兵庫県委託事業「KID'S能公演」のページです。


双方ともまだスカスカのコンテンツではありますが、どんどんコンテンツを追加して充実したページにしていこうと思います。

特に

「KID'S能公演」のページは稽古の実際なども発信し、双方向のページにしようと企んでいます。どうか応援して下さい。
宜しくお願い致します。


JUGEMテーマ:インターネット
 
出張先の善竹忠亮 comments(0)
渋谷駅にて
なでしこジャパン優勝おめでとう!!
諸般の事情で夜行バスでの上京となりましたが、到着して携帯を見てびっくりしました。

そうかー。世界一か・・。
どうせ寝られないなら実況みてたら良かったな。


夜行バスは、どうせなら、と良いグレードのバスを選んだのですが、これが中々びっくりでした。リクライニングシートがほぼフルフラットに倒れるのです。
使っておられるお客さんは少なかったので、もしかしたら操作がややこしいのかな?
私も草津を過ぎてから漸く倒せたクチですが。


それでも寝られなかった私はどうしたことでしょう。

今日の上京の目的はこれ。




初番の二人袴と神鳴の地謡を勤めます。


JUGEMテーマ:エンターテイメント
 

出張先の善竹忠亮 comments(0)
東京からの帰りです。
無事、大蔵会を済ませて帰りの新幹線です。


レムシリーズのホテルに初めて泊まったのですが、気に入ってしまいました。
ひたすらシンプルに睡眠に特化したデザインが、今の私にはぴったりです。


日比谷から千駄ヶ谷まで、銀座駅から乗って二十分。
朝、余裕をかまして優雅にシャワーなぞを浴びていたのですが、何気なくテレビをつけて青ざめました。マラソン・・・・なんてやっていらっしゃる。

慌てて飛び出しましたが、やはり駅へ行く道がコースになっていて通れません。
こんな時、携帯って便利ですねぇ。

すぐさま予定変更で地下へ潜り、有楽町から回ってきましたが、予定よりちょっと遅くなりました。


大蔵家の同門の方も参加されていたとかで、完走してそのまま楽屋へ見えていました。
尊敬すべき体力です。


私はというと、久しぶりの「菌スクワット」だったのですが、いやはや、橋掛が長かったこと!!
最近は筋肉痛が一日空けてやってくるのだから、トシはとりたくないものです!


明日は所用で京都へ参る予定です。





JUGEMテーマ:エンターテイメント
 
出張先の善竹忠亮 comments(1)
東京へ
なんと、20日間も放置してしまいました。

5月13日のパンフレット作りに集中しておりました。週末に刷り上ってくる予定です。


さて、二泊三日で東京へ参ります。

メインの用事は、27日に催される流儀の大きな会、「大蔵会」です。

鴈雁金(がんかりがね)という稀曲に始まり
月見座頭(つきみざとう)は大蔵流のみの名曲です。
五番立ての最後は 菌(くさびら) です。総勢何人のキノコが出るのでしょうか。
舞台から溢れなければいいのですが・・・
私もキノコ役、舞台から落っこちないようにしなければ。


父は小舞「海道下り」で出演です。



事前に海外の人向けのワークショップがある、とのことで、私も声をかけて頂き、今上京の道中です。


今日は東京でいろいろイベントがあるのでしょうか、宿が殆ど満室で予約を取るのに苦労しました。


JUGEMテーマ:エンターテイメント
 
出張先の善竹忠亮 comments(1)
伝説の男 〜ルクセンブルク〜
 
JUGEMテーマ:エンターテイメント

ルガーノを発って、次はルクセンブルグ。
公演は無事終わって、翌日。
飛行機の時間まで、クリスマスの街を見せて貰い、教会へ。
寄付をして、ローソクに火を灯させてもらうことに。
よし、この際小銭を始末しよう。


カシャーン!!
お約束の小銭爆発。
静かな教会に耳障りな金属音がこだましました。




いざ、ルクセンブルグを立とうとしたら、ジュネーブの空港が雪の為閉鎖の一方。
経由地のチューリッヒから陸路で向かうことになりました。

どうにかこうにか特急電車に乗り込み、一息・・・・。
また、チケットがない!!

前回の反省を踏まえ、財布の奥深くに仕舞込んでいたのでした。
今度は検札が来る前に見つけ出しました。

特急電車は徐行運転を繰り返しながらベルンに到着しました。

出張先の善竹忠亮 comments(0)
スイスにて 〜サヨナラ レッドブル〜
  サヨナラレッドブル

宿にて寝しなに飲もうと、レッドブル(最近日本でも流行りの西洋版オロナミンシC)をメンバーから貰って、部屋に帰り。
飲もうと思えども胃腸がすでに休眠モードに入り。
そのまま寝て、翌日、ルガーノを早朝に発つ便にチェックイン。飲むのを忘れていたわけではありませんが、
そのままセキュリティチェックに入れてしまい・・・・。

見事にひっかかりました。

わざわざ貰ったレッドブル。カフェオレと共に会われゴミ箱行き。




いざ乗らんと飛行場を徒歩で歩いていると・・・・。
雪化粧をした美しき山々が明け方の空に姿を現しました。

これを撮らないては無い!
多分、ここで吹っ飛んだのでしょう。
検札でもぎられたチケットの半券が、無い、ないない。




ま、乗れましたけど。


続く
出張先の善竹忠亮 comments(1)
<< | 2/6 | >>