大蔵流 狂言方 善竹忠亮、まいにちを「語る」
菊水
神戸湊川神社のお祭り、楠公祭で能楽鑑賞会でした。
神能殿は今年いっぱいで休館です。

「菊水」は湊川神社に祀られている楠木正成をシテにした新作能です。
当日配られた冊子によれば、昭和60年に作られたそうです。
新作能にしばしばありがちな、特殊演出テンコ盛な面もありますが、サービス満点な能でもあります。

脇は黄門様!

間狂言は楠公の墓守の女房達、所の物識り(古老ではなかろうかと思います)そして、後場に脇ツレの従者として登場する太刀持と、大勢出ます。

上演時間は一時間半を超える大作ですが、今回で最後でしょうかねぇ・・・。
- comments(0)
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>