大蔵流 狂言方 善竹忠亮、まいにちを「語る」
【武悪】やります。
いろいろサマザマな偶然が重なりまして。

【武悪】のシテを初演することになりました。

直近では一昨年、野村万作師にお願いして主をお勤めいただき、父のシテで異流共演というかたちで上演して以来です。

異様な雰囲気の冒頭。この曲には名宣(なのり)がありません。いきなり特殊な呼び出しになります。

上意討ちの前半。狂言には珍しくシリアスな展開です。
主と武悪の板挟みになる太郎冠者が実は大きな役割を担います。「せまじきものは宮仕え」という、舞台中盤の太郎冠者の独白に心情が吐露されています。

後半は一転してコミカルな展開に。
「幽霊」というフレーズに怯える主。前半とのギャップにかえって人間味が見えます。


6月25日土曜日
能楽協会神戸支部公演
「あじさい能」にて。

能「熊野」久保信一郎
狂言「武悪」善竹忠亮
能「船弁慶」藤井丈雄 (間狂言 岡村和彦)
他に仕舞、小舞、独吟があります。


チケット取り扱います。
info@zenchiku.com
まで、枚数をお願いします。
受付精算にさせていただきます。




お知らせ comments(0)
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>