大蔵流 狂言方 善竹忠亮、まいにちを「語る」
NHKで善竹彌五郎の声が流れるようです。
明日、11月1日午前6時のNHKFM「能楽鑑賞ー名演を聞くー」で各名人達に混じって、当家初代の善竹彌五郎の舞台音声が流れるようです。

彌五郎の肉声については、私自身、 NHKアーカイブス学術利用関西トライアルの研究員として数ヶ月の間大阪放送局の資料を調査しました。その結果を民族芸術学会に報告して論文にまとめました。←さっき論文検索エンジンCiNiiで自分の論文を見つけた時、思わず「いいのかなー」なんて思ってしまいました。

そして、NHKに報告してその成果を還元することを完了しました。
少しはお役に立てたのか知らん。

今回のコンテンツは既に放送されたものでありますが、私自身としては解説者がどのようなコメントを付されるのかを注目(耳?)しております。



そんな11月1日という日に、父が「釣狐」をします。
湊川神社神能殿の舞台にて、午後2時開演です。

私は初番の「瓜盗人」を勤めます。

真ん中は今年も名古屋より和泉流狂言共同社をお招きして「孫聟」を。

キリがいよいよ「釣狐」東京より大蔵教義師を猟師役に迎えてのホームグランドです。

当日券、まだあります!!

 



 
お知らせ comments(0)
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>