大蔵流 狂言方 善竹忠亮、まいにちを「語る」
忠重十番 初回
20120722_133234.jpg
忠重十番が始まりした。

年末まで月に一回、灘区民ホールで二番づつ取組むそうです。


朝10時にホールに集まりました。
舞台の設置です。

先代からのお弟子である是澤氏の指揮の下、氏、御手製の舞台を敷き詰めていきます。

先日の、上賀茂神社にて使用した際に湿気を含んで、木が膨らんで思うように並ばなかったり。
舞台は生き物です(笑)


組み上がった舞台にて、父の「那須」
そして、同じく父の「水掛聟」でした。


私は「水掛聟」の聟でしたが、折節の大雨警報で「打ち続いての日照りで」の台詞が何だか恥しく。
相変わらずの大汗洪水警報で勤めて参りました。

来月は「菌」「空腕」の予定です。


写真は組み上がりつつある舞台。
記録用に撮影したものですので、見にくいかもしれません。
- comments(0)
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>